環境方針

I. 基本理念

地球温暖化等の地球環境問題は、人類の生存にかかわる問題です。
豊かで安全に且つ安心して生活できる、より良い地球を次世代へ引き継いでいくことは、
いま私たちに課せられた緊急課題です。
我々は、地球環境問題を経営方針の最重要事項の一つとして捉えています。
また、当社の企業理念である「確かな素材で、暮らしに便利さ・快適さをプラス。
誠実で公正な企業文化を育み、人と共に成長する。」を実現するため、環境活動においても「確かな素材を提供することで、より良い地球環境と経済成長の両立を図る企業活動」を推進し、社員が一丸となって環境保全に努め、持続可能な社会の実現に貢献します。

II. 基本方針

我々は、国内取引のみならず、輸出入取引においても、合成樹脂製品、合成樹脂原料、液晶および電子材料を中心に様々な製品やサービスを提供しています。
これらの商社活動に当たって、定期的に環境影響を評価し、環境目的と目標を設定およびレビューし、環境マネジメントシステムの継続的改善、環境汚染の予防と未然防止に努め、環境保全に関する行動指針を以下の通り定めます。

(1) 環境への配慮

すべての社員は、事業活動における環境負荷を認識し、環境汚染の予防と未然防止に努めます。

(2) 環境関連諸法規の遵守

環境に関する法令諸規則および当社が同意した事項を遵守します。

(3) 環境保全活動の推進

日常の活動の中で、環境負荷を念頭におき、取引先に対する働きかけを通じて、
より環境にやさしい製品の製造、流通、リサイクル、廃棄などを提案する商社活動に努め、
「省エネルギー・省資源」など資源の保全、循環型社会の形成などに貢献します。

(4) 社会との共生

良き企業市民として、次世代の繁栄と社会への貢献を願い、伊藤忠グループとともに
「地球環境保全の研究などの支援」を行います。

(5) 啓発活動の推進

環境保全活動に取り組むには、社員一人ひとりが環境意識を高め、環境問題を正しく理解することが重要です。この考えに基づき、社員に対して積極的に啓発活動を推進します。更に、取引先などに対しても情報の提供を通じ、地球環境への配慮を呼びかけていきます。

この環境方針は文書化し、すべての社員に周知すると共に、社外にも公開します。

2016年10月1日
伊藤忠プラスチックス株式会社
代表取締役社長  大林 稔男