トップメッセージTOP MESSAGE

  1. HOME
  2. 企業情報
  3. トップメッセージ

より良い未来を拓く、伊藤忠プラスチックス

私たち伊藤忠プラスチックス(株)は、1986年に包装材料・産業資材等の製品を取扱う旧伊藤忠プラスチック・システム(株)として発足し、1994年に電子材料の取扱いを開始し、2002年に合成樹脂原料・工業用製品を取扱う旧伊藤忠ポリマー(株)と合併、伊藤忠商事(株)の合成樹脂原料取扱部署も統合し、合成樹脂製品全般を取扱う専門商社として、中国、東南アジアを中心に、海外取引の展開にも積極的に取り組み、成長を続けてきました。

私たちは、当社の持つ4つの事業セグメント(包装材料・産業資材・電子材料・合成樹脂原料)を通じて、身の回りにある食品容器から、液晶テレビやスマートフォン、各種OA機器、家電製品、自動車、インフラに至るまで様々な場面で、皆様の日常生活を支えています。

これまでの数々の統合・合併を経て、単体社員数約500名・グループ企業合計1,100人越の規模となり、CIPSグループとして、そして伊藤忠グループ会社として、社会貢献を強く意識しております。
また、伊藤忠グループとしての理念を踏まえ、当社独自の社会に対する役割や組織の目指す方向、共有すべき価値観を持つべく、当社固有の企業理念を策定しております。

この企業理念体系を胸に、伊藤忠グループの化学品部門における中核事業会社として、コンプライアンスは勿論のこと、地球環境問題を経営方針の最重要事項の一つとして捉え、社員一人一人の意識を高め、企業としての社会的責任を果たしていきます。同時に、国内外の関連会社や販売チャンネル、私たちのノウハウ等のリソースを生かした総合力で、お客様の多彩なニーズにお応えし、高機能、高付加価値の製品およびサービスの提供を行うことで社会に貢献し続けます。

代表取締役社長 大林 稔男