電子材料ELECTRONICS MATERIALS

  1. HOME
  2. 事業紹介
  3. 電子材料

最先端の電子機器に不可欠な
材料の供給・開発を推進

国際的スケールで、多様なニーズに応えるディスプレイ関連部材を供給

日進月歩で進化する電子材料の分野においても、伊藤忠プラスチックスは、最先端のテクノロジーを支える高機能な部材を提供しています。さまざまな電子機器に欠かせないフラット・パネル・ディスプレイ(FPD)の部材提供もそのひとつ。
従来の液晶ディスプレイはもちろん、圧倒的な高精細と省電力を実現し、ディスプレイ技術の主流となりつつある有機EL(エレクトロ・ルミネッセンス)の分野など、次世代のニーズに応える最先端の部材を供給しています。
また、伊藤忠プラスチックスは、自社の海外拠点および伊藤忠グループの世界的なネットワークを活かし、FPD生産の中心であるアジア各国に販売拠点を構築。
各拠点における技術者採用やサプライチェーンとの連携強化など、さまざまな活動を通じて、国際的なスケールでビジネスを推進しています。

国際的スケールで、多様なニーズに応えるディスプレイ関連部材を供給イメージ

研究機関と提携し、次世代の半導体材料を研究・開発

電子デバイスに欠かせない半導体材料の供給は、電子材料部門の第二の柱です。
半導体には、「シリコン」などの単一元素よりなる「元素半導体」と、ふたつ以上の元素からなる化合物で半導体性を示す「化合物半導体」があります。
伊藤忠プラスチックスでは、元素半導体の製造に関わる関連部材の供給および、次世代の電子デバイスに不可欠な化合物半導体の材料開発を推進。
大学等の研究機関と提携し、新しい化合物半導体の材料開発に参画することで、小型化・高機能化する電子デバイスのスペックを満たす新しい半導体材料の供給をリードしています。
また、伊藤忠プラスチックスでは、拡大する半導体の世界的なニーズに応えるべく、シリコン材料を生産する台湾、中国、韓国に海外拠点を展開。
さらに化合物半導体材料の研究・開発の海外拠点をヨーロッパおよびアメリカのサンノゼに擁し、当社と伊藤忠グループの情報網を活かした材料供給や技術交流を推進。
今後は、車載AI(人工知能)や通信システムなど、自動車業界に向けた高性能半導体の材料を始めとする、新分野の材料開発も積極的に行う計画です。

研究機関と提携し、次世代の半導体材料を研究・開発イメージ

主な取扱い商材

  • 各種ディスプレイ関連部材
  • 各種半導体関連部材
  • 化合物半導体(GaN基板、GaNエピ、GaNテンプレート、GaAsエピ、KNN薄膜等)
  • 二次電池材料
  • 太陽電池関連部材
  • その他電子材料

電子材料に関するお問い合わせはこちら